2011年12月22日

碧の軌跡

英雄伝説 碧の軌跡(通常版) / 日本ファルコム
クリアしました!

1周目のメインキャラとの絆イベント(ご褒美イベント)は、リーシャしか見れませんでした・・・。

それが分かった瞬間、2周目突入しようと決意し、どう進めれば全てのキャラとの絆イベント(ご褒美イベント)が見れるか、絆ポイントを計算したりもしましたが、、、これ以上、仕事を止めると流石にヤバイので、2周目は、また暇になった時にやる事にしますよ。

1周目クリアまでの時間は85時間(途中、たびたび用事で放置したので、実際にプレイしていたのは、もう少し少ないと思う)。
1日10時間程度で、8日くらいかけてクリアしました。

捜査官レベルは2nd、自分としては、まぁまぁ頑張った方です^^


それでは、いつものように、感想を。


■ストーリー

今回のストーリーは、『序章』、『第一章』、『第二章』、『インターミッション』、『第三章』、『第四章』、『断章』、『終章』の、全8章構成。

で、ワタシ的に気持ちが盛り上がって、ついつい夜更かしして続きをプレイしたくなったのが、『第三章』の後半、ランディが離脱してから。

『第三章』ってのは、全8章のうち5章目です。
つまりですね、ストーリーの先が気になり出したのが、後半に入ってからなんですよ・・・。

一応、『第二章』でも大きな出来事があったけれど、それは、前半のストーリーを見ていれば想定内の出来事だったので。

なので私としては、前半の4章分は、淡々と日々の支援要請をこなしていた感じで、その期間が、ちょっと長かったですね・・・。

忙しい社会人としては、もうちょっと前半部分を圧縮して欲しかったです。
あと、日々の支援要請も、隠し支援要請まで入れると、ちょっと多く感じました。
特務支援課、働き過ぎ^^;;

という訳で、前半部分のストーリーには、少し違和感があった(そして、気持ちが盛り上がる前に『インターミッション』になってしまったのも、イマイチ)のですが、後半のストーリーは、良かったですよ!!

具体的には、『第四章』から。
特に、ロイド一人になってしまった『断章』と、仲間を一人ずつ探していく『終章』の前半は、盛り上がりましたね〜。

再開した時のメンバーとのやり取りも良かった。
特に良かったのは、ティオ、そしてやっぱり、ノエルとの再会ですね^^

「君は僕がもらう。」という台詞は、本作で最もインパクトがありました!

終章の最後で、『零の軌跡』の初め、4人で太陽の塔に突入した映像の謎が解けたのも良かったです。

最後の最後、エンディングで、クロスベルが帝国の支配下になって、、、というエピローグは少し寂しい感じでしたが、ラストの映像が笑顔だったので、きっと続編(次の舞台は、イヨイヨ帝国ですね!)で、クロスベルの人たちの元気な様子、アリオスさんのその後など、垣間見る事が出来ると信じてます^^

その他の印象深かった点
・アリオスが敵側陣営だったのは意外だった
・ケビンの活躍を垣間見た
・『パテル・マテル』の最期
・黒幕が死ななかった(空の軌跡、零の軌跡では両方とも黒幕が死んだので、ちょっと意外)
 ⇒次回作で活躍(?)が垣間見れるのかも??


■戦闘システム

軌跡シリーズの戦闘システムは、既に完成されているし、無理して新要素を追加しなくても。。。
正直、新要素を覚えるのが面倒。。。

なんて思ってましたが、プレイしてみたら両方とも、追加されて嬉しい新要素、でした^^

マスタークオーツは育てるのが楽しいし、バーストは、CPがガンガン溜まるのがいいですね!
CPを溜めてCPを使い切った頃にはバーストゲージが溜まっているので、バースト発動してCP溜めるって感じで、戦いやすくなったように思います。

戦闘システムとは違うけれど、ストーリーの随所に、1周目ではナカナカ倒せない(倒せなくてもストーリーは先に進む)強力な中ボスが現れたり、アリオス、ダドリー、ガルシアなど、途中で仲間になる大人たちが強い点(ダドリーは、最終的に支援課メンバーと同レベルになっちゃうケド)も好印象です♪


■アイテム集め

従来からの、本、レシピ、家具、エニグマカバーに加え、車のカスタムパーツ、マスタークオーツ、『ぽむっと!』のアカウント、と集める要素が倍増しました。
しかも、どの要素にも収集期間が限定されるモノがあって、ナカナカ難儀です。

どれもコンプリートできませんでした・・・。

でも、本を全て集めなくても最強武器が作れるようになってたのは嬉しいです♪

あ、そう言えば、釣りってのもあったな、、、全く勝負しないで終わってました(気が付いたら解決してた)。
次は、釣りも頑張るか?


■絆イベント

これも、やり込もうと思ったら大変そう。。。
いつになるか分からないけれど、2周目では狙いたいですね。
NPCとの絆イベントも(特にキーア!)。

ご褒美イベントはリーシャのしか見れなかったのですが、、、ちょっとズルして、ネット上の動画で、全メインキャラのイベントを鑑賞しました。

リーシャ以外の女性陣は、告白イベントっぽくなっちゃてるのが、ちょっと残念だったような・・・。
ただ、ノエルのイベント(告白)はいいな♪ って思いました。

特務支援課に出向してきた時は、「頑張ってタメ口を」とまで言っていたノエルさんが、まさかロイドに惚れるとは!
でもまぁ、「君は俺がもらう。」なんて言われちゃあ、お堅い警備隊員ノエルさんが惚れるのも仕方ないですよね^^;;

ノエルとティオの告白(?)イベントは、ナカナカ微笑ましいモノがありましたが、エリィの告白イベントは、イマイチ(+_+)
猪突猛進型のムックは、自分で告白しないで、相手に言わせるのって、好みじゃないので。

でもまぁ、ファルコムさん的には、エリィがヒロインなんですかね??
最後、ロイドがキーアを連れて戻って来た時も、「ロイド!」って声が入ったのはエリィだったし(絆を深めたリーシャを連れてたら違ってたのかも??)。


■仲間たち

『零の軌跡』で気に入ってたワジが仲間に入ったのは嬉しかったです♪
でも、正体が明かされるまで(『第五章』まで)のワジの発言って、ちょっとクール過ぎっていうか・・・贔屓にしてる私から見ても、イマイチ・・・でした。
それでも、『終章』で正体が明かされてからは、そんな事なくって、好印象で終われました。良かった良かった♪

そして『零の軌跡』で気に入っていた仲間、ティオ。
彼女も、ちょっとクール過ぎ発言が時々、目に余ったけれど、でも、やっぱり良い子でした。

『碧の軌跡』での、ベストお気に入りメンバーは、リーシャとランディですかね〜。
ランディは、『零の軌跡』でも、ティオに続く、お気に入りメンバーだったので、総合すると、ランディがイチバン! でしょうか??

(余談ですが、ランディとミレイユの関係も微笑ましい感じで良かったです♪)

戦闘に関しては、結局、『零の軌跡』からの4名が中心メンバー(特に、Sクラフトで回復と防御ができるエリィ、ティオは外せない)になってました。
そしてサポートキャラは、『大轟令』のダドリーと、『エナジーミサイル』のノエルで。

リーシャとワジは、キャラとしては好きなんだけれど、初期メンバーに比べると、少し弱い感じがして。
結局、初期メンバー+サポートクラフトが優秀な6人でラスボスに挑みました。

あ、とは言っても、ラスボス、そんな強くなかったですね。倒し方が特殊だから時間が掛かったけれど。
実質的な最強キャラは、やっぱりアリオスさんってとこでしょうか。


■キラリと光る脇役キャラたち

仲間以外にも、キラリと光る個性的なキャラが沢山!
特にロバート主任がお気に入りです。


■その他

音楽は言うまでもなく、良かったです。
この辺、軌跡シリーズは安定してますね♪

おまけ要素で『ぽむっと!』がプレイできたのも良かった(全キャラ倒しました!)。
あと、細かい話だけど、『VISUAL』でも鑑賞できるストーリー中に出てくる絵が、これまでより良くなったり。そういうところも満足。

ただ、戦闘が始まった時点でハングしたり、ラストダンジョンで昇降台から降りた時に変な場所に配置され、どうにも先に進めなかったり、、、といったバグに遭遇しました。

最初のハングに遭遇してから、度々セーブするよう気を付けていたので、進行に支障はありませんでしたが、ネットで検索すると他にも様々なバグが見つかっているようです。
この点は、次回、気を付けて欲しいところですね(これまでの軌跡シリーズは問題なかったので、いつも通りにやってくれれば大丈夫だと思いますが)。


色々と書きましたが、次はイヨイヨ、『空の軌跡』で気に入っていたオリビエ編!
オリビエとミュラーのコンビ、そしてレクターも登場するのかな? 今から楽しみです♪


<2012年5月1日追記>
な、なんと次の軌跡シリーズは、これまでとは違う話になるって!!
次は帝国が舞台のオリビエ&ミュラー編だー♪ と楽しみにしていたのに・・・。

という訳で、次の作品は買わないです。

いつか、帝国を舞台にした続編を出して欲しい・・・。


■関連記事
空の軌跡
クリアしました! 〜空の軌跡 the 3rd〜
零の軌跡
posted by ムック at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜(2)

メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜(1)の続き。

前の記事では、特に伝えたかった点を思うままに綴りました。
こちらの記事では、項目ごとにコメントしてみます。


・ゲームシステム  ★★★★☆
 錬金術と王国の発展、そして戦闘もアリ、というシステムは飽きがこなくって◎
 錬金も、慣れるとナカナカ楽しい♪
 でも、錬金の結果に関わる要素(コスト、特性、品質、カテゴリ、主効果など)が多く、初心者は理解するのが大変。
 チュートリアルはナカナカ親切だったので、このチュートリアルを、後で見直すことが出来れば、もっと良かったと思う。
 また、最初は敢えて要素を絞って、錬金術レベルが上がると要素が増えていくなど、初心者向けの工夫をしてもいいのでは?
 それと、要素が多い影響もあって、画面に色んな情報が並んで、文字が小さい!!

 エンディングが沢山あるのは、ゲーマーとしては嬉しいですね♪
 まだ1つしかエンディング見てない(てんやわんやエンドを見ました)ケド、何周も楽しめるのは嬉しいな^^

 あ、あと。クリアした時のオマケ要素が豊富なのも良い!
 ゲーマーの求めるモノを良く分かってる^^


・ユーザインタフェース  ★☆☆☆☆
 とにかく、文字が小っちゃくないですか??
 画面にゴチャゴチャと色んな情報があるし。。。
 情報を切り替える時の操作方法も、イマイチな点があった。

 せっかくヘルプで図鑑が見れるのに、名前順などでソートできなくて使いにくい。
 大量のアイテムを使うゲームだから、こういった点は、もっと便利にしてもいいんじゃないかな。

 もっと遊びやすいユーザインタフェースに改善して欲しい。

・キャラクター(ルックスと声)  ★★★☆☆
 キャラクターデザインをされた岸田メルさんの絵は、基本的に素敵なのに、パンツ丸見えだったり、戦闘終了の度にパンチラしたり、という演出に引いた。
 見た目だけではなく、声や性格も、かなりコアなファン向けで、決して一般受けするキャラではない、気がする・・・。
 
 あと、イベントスチルの絵。
 あれって、誰が描いてるのかな?
 何か、崩れてる気がするんだケド。。。

 ご褒美的な位置づけであるイベントスチルの出来が悪かったのは残念。
 
 不満点も多いけれど、岸田メルさんのデザイン自体は可愛らしくって好きなので、オマケして★3つ。


・キャラクター(性格など、内面的な部分)  ★★☆☆☆
 正直、引いちゃうキャラが多かった。
 ジーノ君がいたのが唯一の救い。
 この点は、考え方の違いだろ〜ね。


・サウンド  ★★★☆☆
 コレは100%好みの問題ですが、オープニングやエンディングの歌は、イマイチ。
 でも、声が入らない曲は、まぁまぁ、かな?
 武器屋の音楽は、少し耳触りな感じもしました。
 でも、開拓すると段々音楽が派手になっていくっていう演出は良かった♪


・世界観  ★★★★★
 ほのぼのとした世界観が◎
 最初の魔物(?)が兎ってのは、ちょっと可哀そうだけど。。。
 こういったほのぼの世界観のゲームって案外少ないので、とても嬉しい。
 これからも、この路線で続けて欲しいです^^


色々と書いたけれど、こんだけ色々言いたいことがあるって事は、気に入ったって事でもあります。
特に基本システムは、さすがアトリエシリーズとして、ずっと続けているだけの事はあるな、と感じました。

良いところがあって、また遊びたいと思うからコソ、色々言いたくなるんですよね!

そもそも、気に入らなかったら記事も書かないし。

(そういうゲームが、実はひとつだけ、あります。その内、何か書くかもしれないけれど。。。
 私の場合、最低ひとつは褒めたいので、褒めるところがひとつもないゲームの記事は書けないんデス。。。)。
posted by ムック at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜(1)

どうも。ムックです!

ここのところ、メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜 ※注意!! リンク先は音がでますをプレイしていました。

まだ2周目の途中(というのは、このゲーム、10種類のエンディングがあるのです。だからゲーマーとしては、まだまだ序盤、という感じ?)なのですが、

自宅でやらなきゃいけない重要な仕事が入ったので、今後暫く、『仕事>>ゲーム』モードで生活する予定。

という訳で、忘れない内に、感想など、アップしておきます。


アトリエシリーズのゲームは、以前からゲーム雑誌の記事を読んで、気にはなっていたのですが、実際にプレイしたのは、今回が初めてです。

アトリエシリーズ初めての自分がプレイした感想を、思い付くまま、綴ります。


■初心者には難解、でも慣れると錬金が楽しい♪

でも錬金ばっかりだと疲れちゃう(真剣にやると難しいから疲れてくる)し、錬金だけじゃないからコソ、楽しめる


アトリエシリーズ初めてだったこともあって、システムを理解するのに、かなり苦労しました。

一応、最初にチュートリアルはあるんだケド、1度表示されるだけで後で確認できない(ヘルプもあるケド、チュートリアルの画面による説明程、分かりやすくはない)のが不親切。

というか、このゲーム。文字が小っちゃ過ぎです!
どんだけ大きな画面でプレイすればいいのさ、って感じ。
TVの前に寄らないと文字が読めない・・・。

で、チュートリアルの説明画面は、実際のプレイ画面よりも、更に小っちゃくなるので、余計に見にくい。

しかも、コレは私が悪いんだケド、私の場合、余り説明書など読まないで、色々試して覚えるタイプなので、チュートリアル、あんま真剣に見てなかったんだよね。

そんな調子でも、一応、コスト、特性、品質、は理解できました。

でも、カテゴリ値によって主効果が変わるという点は、攻略本を読むまで理解できませんでした・・・。

普段は、1周目は出来るだけ自力でのクリアを目指すのですが、今回は、途中で攻略本を参考にしました。
それでやっと、主効果の事が分かった(>_<)



■登場キャラクターは、かなり人を選ぶ気がする・・・


まず、メルル。
お姫様なのに、何でワカメちゃんスタイル(常にスカートからカボチャパンツがはみ出てる)なの??

そして、トトリ。
戦闘終了画面で、いちいちパンツ見せるのは何故??

という感じで、ちょっとイマイチ、なキャラ多し。

何だろ。元々のルックスはまぁまぁなんだケド、トトリのパンチラみたいに、行動で引くキャラが多い。
トトリ以外にも、レベルアップの時の画像に引いてしまったキャラが何人か。。。

見た目だけじゃなく、例えばアストリッドの見立てでは「8歳程度」に若返ってしまったというロロナ。

いや、これは8歳じゃなく、幼稚園児でしょう・・・。
8歳と思って見ると違和感ありまくりですが、5歳くらいの幼稚園児、と思えば、まぁ可愛いかな?

というかソモソモ、「三十路のロロナなんて見たくない」といって若返りの薬を飲ませるってのはどうなのか!?

他にも。

ミミの異常なツンデレぶり、
「行き遅れ」を気にする、仕事に生きる40歳のエスティ、
ブラコンのライアス、
メルル命、のケイナ、

など。

何か、どのキャラも極端というか、多面性がないというか、深みがない。
例えば、ミミのイベントは、ツンデレネタのオンパレード。

現実味が無さ過ぎて、感情移入できないんだよね・・・。
まぁ、非現実的な世界を舞台にしたゲームではあるんだけれど。

あ、でも。ステルクさんは、ちょっと面白かったかな^^
あそこまで極端だと、ちょっと可笑しくなってくる。

あと、コレは完全に好みなんだケド、声もイマイチ・・・。

個人的に、カッコいい声の女性キャラが好みなので、その対極とも云えるトトリの声は、かなり、「う〜ん・・・。」という感じ。未だに馴染めませんね〜。というか、ずっと馴染めないだろうな(>_<)

このゲームが気になり始めた時、公式サイトで動画を見たりしてたのですが、
その動画を見ていたら、旦那が、「俺、その声、ダメだわ。そのゲームやるなら、イヤホンしてやって。」と言った。

うん、分かる分かる・・・。

まぁ、こういう声が好きな方は好きなんでしょうね。うん。
あと、こういうキャラも。

でも、決して、一般受けはしないと思う。

もしもガストさんが、もっと沢山の人にアトリエシリーズを遊んでもらいたい!!
と思うのだったら、今の、一部のマニア受けキャラじゃなく、もっと一般受けするキャラ。
そしてイベント、という点を意識する必要があると思う。

いつもパンツ見えてるって事もあって、ちょっと引き気味だったメルル。

遊んでる内に、好きになってきました^^
「性格、いい子だな〜♪」って。

そして、このゲームの中で、唯一、気に入ったキャラは、ジーノ。
このゲームの中で、メルルとジーノのやり取りは、前向きで気に入りました♪


随分と長くなったので、に続く!
posted by ムック at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

今さら、ペルソナ4!

どうも。ムックです♪

てか、ゲームネタの記事アップするの、久しぶりだなぁ〜。

最後のゲームネタ記事は今年の3月4日
震災前、原発事故前ですね。

震災、そして原発事故後の数カ月は、ゲームしようという気にもならなかったからね・・・。
電力不足の時にゲームしたらいけないな、というのもあったし。


でも、ここ最近は、普通にゲームしてます。

今日は、ペルソナ4のエンディングを見ました。
いわゆる『真エンド』って云われてるヤツ。

実はコレ、今日、初めて見たんですよ。

以前、プレイした時は、奈々子ちゃんが退院しないまま、主人公が都会に戻るという、アッサリしたエンディングになっちゃって。

もちろん、2周目いきましたが、難易度をEXPERTにしたのがマズかった(>_<)

このシリーズ、セーブポイントは限られるし、主人公が死んだらエンドだし、即死魔法使う敵も多いし。
EXPERTでクリアしようとすると、2周目でもナカナカしんどい。

特に厳しかったのがシャッフルタイム。
ドンくさい自分は、難易度EXPERTのシャッフルタイムは動きが速すぎて、狙ったペルソナが入手できない(>_<)
だけなら、まだしも。
失敗してブランクカード引くと、経験値もお金もアイテムも入手できない・・・。
でもペルソナで戦うゲームだから、キャンセルばっかりしてるとダンジョン先に進めない・・・。

で、放置してました。
かれこれ3年ほど。


久しぶりのプレイは、難易度BEGINNERで^^;;
いやぁ、BEGINNERは楽だね^^ さすがに。
もう歳だし、ゲームより仕事のが大事だし、ゲームで無理するのは止めるよ(←言い訳)。

そして迎えた真エンド。
うん! やっぱコレ、いいゲームだね♪

私にとっては、ペルソナ3、そしてペルソナ3FESが、スゴいゲームすぎるので、それを超えるゲーム、とまでの位置づけではないけれど。

それはペルソナ4の出来が悪い、んじゃなくて、
逆に、ペルソナ3、ペルソナ3FESの世界が完成され過ぎてるって事です。


前回、プレイした時も。そして今回も。
千枝ちゃんと恋人になりました♪

ペルソナ4の女性キャラの中では、千枝ちゃんが一番タイプ!
と思っていましたが。

後になって出てきた直斗が思わぬ伏兵でした。
女性モードだと可愛いですね^^
でも、そう思った時には、既に千枝ちゃんとラブラブになってましたが。


ペルソナ3の時は平気で何股もかけてましたが、
今回は、恋人か友達か選択する前に、「心に決めた相手がいる筈だ」とか出るから、
ビビって二股できなかったですよ〜。

と、その前に、直斗とは、そこまでコミュランクも上げれませんでしたが。


このゲームをプレイして感じたことのひとつは、声優さんの偉大さ。
わたし、雪子のルックスって好きじゃないんですが。
でも、あの声は、スゴク良かった♪ 凛々しくて素敵です^^

逆に、りせのキャラやルックスは嫌じゃないケド、声がイマイチ(>_<)
りせの場合、戦闘中、ずっと声を聞いてなきゃいけないから、影響度大、ですね。
(ペルソナ3の風香は、癒し系で良かったな〜♪)


アトラスとのゲームと言えば、以前から気になっていたのがキャサリン

発売された後、震災やら原発事故やらで、ゲームの事を考えられない精神状態になってしまって、そのままですが。

難易度が高かったようで、発売後にスーパーイージー機能を追加するパッチを提供してるんですね。

さすがアトラス。

パッチ適用済みの廉価版でも出たら、購入を検討しようかな?
posted by ムック at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

逆転検事2

逆転検事2(通常版) / カプコン

逆転検事がイマイチだったので、正直、あまり期待してなく、惰性で買った感じでしたが、良い意味で予想を裏切られました♪

一話目から最終話まで、先の読めない(予想を裏切る)展開で、最後まで楽しめました。

あと、ところどころで、逆転裁判時代からの懐かしのキャラが登場しているところも、シリーズをプレイし続けているファンにとっては嬉しいところ。

カプコン、がんばったじゃん! という感じ。
レイトン教授シリーズとコラボする次回作にも期待しています。
posted by ムック at 03:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

零の軌跡

英雄伝説 零の軌跡 (通常版) / 日本ファルコム

実は発売後、1カ月くらいでクリアしてました。

その後、やり込み要素をこなしたり、改めて
英雄伝説 空の軌跡SC / 日本ファルコム
を遊んだりしてましたが、
一応、ひと区切りついたので、感想をアップします!

ストーリー ★★★☆☆
音楽 ★★★☆☆
キャラクター ★★★★☆
世界観 ★★★★☆
遊びやすさ ★★★★★
オマケ要素 ★☆☆☆☆
エンディング ★☆☆☆☆

まず、ストーリーですが、、、これはディスク3枚に渡る大冒険だった空の軌跡FC/SCと比べたら、まぁ盛り上がりには欠けます。

でも、これはこれで気に入りました♪
ボリュームが多すぎないのも、忙しい社会人にとっては決して悪いコトではないしね。

で、音楽。
これも、『星の在り処』という特別な曲が存在していた空の軌跡FC/SCと比べたら、インパクトに欠ける感じがするけれど。
それはきっと、比較対象のレベルが高いんだよね。
という訳で、良い音楽でした。

で、キャラクターと世界観。
これは私、空の軌跡FC/SCより気に入りました。

空の軌跡FC/SCって、キャラクターと世界観が現実離れし過ぎていて、感情移入しにくいところがあったんですよね。

特に主役のエステルがねぇ〜。いい子なんだケド、感情移入はしにくい。

それに比べると、零の軌跡は都会の警察官の物語。
遊撃士が主役の空の軌跡FC/SCに比べたら現実に近い設定というコトもあって、親しみが持てました♪

そして、このゲームで特筆すべきだと思うのが、遊びやすさ。

いやホント、親切設計なゲームです。
中ボスとの対戦前には、必ずと言っていい程、回復ポイントがあるし。
魔獣が入ってる宝箱は、見た目で区別できるようになってるし。
レベル高い魔獣が入ってる宝箱は、開く前にメッセージまで表示してくれるし、ね。

親切過ぎて、スリルには欠けるかも。
でもまぁ、親切で遊びやすいゲームです!

で、最後はオマケ要素とエンディングですが。
コレは正直、ガッカリしました。

まぁガッカリしつつも、しっかり3周遊んで実績は集めましたが・・・。
実績を集めて解放されるオマケ要素が、ハッキリ言ってショボイ!

でもって、エンディングも、ショボイ!
正直、最悪な部類のエンディングです。

エンディングって、ゲームをクリアした人だけが見れるご褒美だと思うんですよ。
もちろん、オマケ要素だって、実績を獲得したご褒美ですよね。

これらご褒美にも、もっと力を注いで欲しかったなぁ。。。


と、まぁ、色々書いてきましたが、結論としては。

零の軌跡、とても気に入りました!
特に、世界観やキャラクターが少し現実路線に変更されたところが良かったです♪
posted by ムック at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

ゴースト トリック

こんばんは! 明日はイヨイヨ参議院選挙ですね。
明日は仕事の為、今日の内に期日前投票を済ませてきました。明日の結果が今から楽しみです。

とにかく、今後の日本が少しでも良い方向に進むコトを祈るのみ。


さて、と。
話は変わって、ちょっと前にクリアしたゲームがあるんですよ〜。

ゴースト トリック

久しぶりに、発売日に買っちゃいました^^
(とは言っても、発売日の夜。そろそろ日付が変わろうとしている時刻でしたが。。。)

で、3日後くらいには、クリアしちゃいました! おもしろかった♪

最後に語られた部分の意味が分からず、すぐに2周目スタート!
2周し終わって、なるほどなるほど〜^^ という感じでしたね。
3周目までは、さすがにしてません^^;;


このゲームの最も気に入ったところ。それは、謎解きの楽しさ。
いくつか詰まったところがあるのですが、そういうところも時間をおいてプレイしてみると、
「アレ? ココをこうしてこうすれば・・・。」と閃いたりして。
それで上手く先に進めた時が、サイコーに気持ち良かったです^^

という訳で、私にとっては、アクション抜きのゼルダっぽい感覚で楽しめました。

あとは、ストーリーは勿論のこと、音楽も良かったですね。

そして忘れちゃいけないのが、登場するキャラクターたちの魅力。
見た目だけじゃなくて、行動や台詞も作り込まれてますね。

ストーリーの途中までは、「コイツ、嫌なヤツ?」と思えたキャラも、最終的には愛すべきキャラであるコトが判明するところも、私好み^^


カプコンのコトだから、次回作も出してくれるんじゃないかと、今から期待しています♪
posted by ムック at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

近況報告がてら、ドラクエ9の感想など・・・

4月以降、ゴールデンウィークは少しのんびりできましたが、それ以外は、とっても忙しい日が続いています。。。

この忙しい状況は、6月の始めまで続く予定。
状況によっては、6月以降も引き続き忙しくなりそうデス。


ちょっと前のコトですが、ついにドラクエ9を買いました!
ちょこちょこプレイしつつ、ゴールデンウィークに一応、エンディング見ました♪

その後も、ちょこちょこプレイしてます。

まだクエストてんこ盛りだし、行けない場所もあるし、エンディング後も沢山、遊べそうです^^

「ひと通り遊んでみてから感想を書こう。」と思っていたのですが、
この分だと、だい〜ぶ先になっちゃいそう^^;;

なので、取り敢えず、今の時点での感想。。。


ドラクエ9、いいですね!

昔のドラクエのようなストーリーの盛り上がり、どんでん返しにつぐどんでん返し、って展開はないけれど、今の忙しい自分には、本編のボリュームはそれ位が丁度いいな^^
(あ、でも、中ボスとかは、もうちょっと強くっても良かったかな?)

で、クエストてんこ盛り!
まだまだ追加クエスト配信されてるし、一体いつまで遊べるのか!!

それに、蓮金やアイテム収集、職業やスキル、称号などなど、やり込もうと思ったら、いくらでもやり込めそう^^

冗談じゃなく、ホントに、年単位で遊べる1本ですね♪


あと感激したのは、クリア後が、ちゃんとエンディング後の世界になっているコト!!

ドラクエ8もそうだケド、これまでのドラクエって、クリア後はエンディング前の状態に戻っちゃってたよね。
つまり、世界を救う前の状態に戻っちゃってたよね。
この点が、いつも腑に落ちなかったんだよね〜。
ちゃんとクリアしたのに!! と思って。

でもドラクエ9は、チャンと、エンディング後の世界で遊べるんですよ!
これ、感激したなぁ〜。

それと、装備の種類が沢山あって、ひとつひとつ、装備する度にグラフィックが変わるのもイイね♪


まぁ、現時点の感想はこんなとこです!
posted by ムック at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

レイトン教授と魔神の笛

そうそう。ブログに投稿していなかったけれど、
レイトン教授と魔神の笛
プレイしましたよ〜。

今回のストーリー、なかなか良かったです。

予想どおりの面白さ、予想どおりの完成度。

でもでも、私の場合、シリーズ物にはついつい、『予想を超える面白さ』だとか、『意外性』だとかを求めてしまいます。

なので、予想どおりの出来。つまり、前作と同様の面白さ、完成度だと、「うん。いいよね。いいけどちょっと物足りないな・・・。」と思ってしまう。これって我儘なのかな・・・。

このゲーム、買おうかどうか迷っていたんだよね。
買うことに決めたのは、おまけの『レイトン教授のロンドンライフ』に興味を持ったから。
MOTHER3ブラウニーブラウンとかね。これはレベルファイブさんの作戦勝ちですなって感じ。
posted by ムック at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチーおおそうじ!

おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチーおおそうじ!

すべてのキャラのイベントを見て、更にすべての家具を購入でき、2周目に突入したので、感想をアップします♪


このゲームは、DSじゃなくて据え置きゲーム機(今ならWiiになるかな?)でプレイしたかったなぁ・・・、と感じました。

小さい画面でチマチマやるゲームじゃない気がする。


このゲームでイチバン楽しかったのは、部屋のインテリアを自分好みの家具や壁紙、床に変えていけるところ♪

それが楽しいですね〜。

あと、掃除して、部屋を綺麗にしていくという基本部分も、相変わらず楽しいです。
汚かった部屋が綺麗になるのが、キモチイイのかな??

ちびロボ!、我が家にも欲しいです。ホント。
部屋を綺麗にして、しかもゴミの中から金目のモノを見つけてお金を稼いでくれるなんて、夢のようなロボだよ^^


全体のストーリーも、良かったデス♪
posted by ムック at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

『おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチーおおそうじ!』

遅ればせながら、ちびロボ!シリーズの新作が出ていることを発見><

おかえり!ちびロボ!ハッピーリッチーおおそうじ! ←公式サイト


タイトル長すぎ!
そして、「!」多すぎ><


さっき公式サイトを見てみたのですが、ちびロボ、相変わらず可愛いです^^

ムックは、ちびロボ!シリーズの音の使い方が好き。
ちびロボの足音とか。

最新作では、初代ちびロボ!の時にカエルになってたジェニーちゃんが、なんと『ママ』になっている様子。

もう『ママ』になったのか。早いなぁ〜。

そして、ちびロボ!にも咲かせて!ちびロボ!にも登場したアーミーたちも登場するようですよ^^

またアーミー軍曹の、「One for alll! All for one!」という掛け声が聞けるんだろ〜な。楽しみ♪


試練をクリアしたら購入するゲーム候補、第一位。
posted by ムック at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

『ICO』って、どうですか?

新しいゲームを買いたい今日この頃。
「何を買おうかな〜??」と、物色中です。

今、イチバン気になっているのは、ICO(※注意 リンク先サイトは音が出ます!)。

このゲーム、発売された時も、気にはなってたんですよね〜。

たしか、このゲームが発売された頃は、まだプレステ2を持ってなかった筈。
「このゲームのためにPS2を買おう!」とは思わなかったんだろ〜な。多分。


ドラクエ9も、とっても気にはなっているのだけれど、「買ってプレイしよう。」という程、食指を動かされてはいないんだよね。。。

ドラクエ9は、良い意味でも悪い意味でも、きっと、『期待を裏切らない』作品だと想像しています。

きっと、『期待を裏切らない面白さ』を提供してくれるだろうけど、
その面白さは、『期待の範囲内』に収まるような気も、する。

それに最近、ドラクエみたいな王道RPGより、もっと違った感じのゲームがしたい気分なんだよね。


という訳で、ICOが気になってます。

ICOって、どうかな?? おもしろい??
posted by ムック at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

『428 〜封鎖された渋谷で〜』、PS3とPSPに移植決定!

だ、そうですよ。先生!!

サウンドノベル最高傑作がプレイステーション3とPSPに登場 『428 〜封鎖された渋谷で〜』
ファミ通.com


移植されるとは思っていましたが、、、思っていたよりも早かった(>_<)

気になるのは、

予約特典DVDには、御法川実と磯千晶によるロケ地巡りや、イシイジロウ監督と脚本の北島行徳氏による対談が収録される。

という情報。


本日発売の『週間ファミ通』によると、御法川役と千晶役の俳優さんが、御法川と千晶になりきって、ロケ地を案内してくれるらしい。


御法川と千晶のコンビを、再び見ることができるとは!!

予約するかどうかは迷い中。。。


■関連記事
最近、購入したゲーム(2)〜428〜
posted by ムック at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

始まりのメロディ

今日、ちょっとした飲み会の帰り道、電車の中で蘇る逆転の最終章をやっていて、、、

『でもね、僕は何も心配していないよ。始まりのメロディが聴こえるんだ。』

(その後にセーブしてしまったので、台詞はうろ覚え。。。)

のところで、迂闊にも泣きそうに><


始まりのメロディ。いいフレーズだな^^
posted by ムック at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

逆転検事

こんにちは! ムックです。


実は、ニューカレドニア出発直前に逆転検事をクリアしました。

という訳で、感想をアップしておきます。


3章の途中まで、これまでの逆転裁判シリーズとの違いばかりが気になってしまい、ストーリーに入り込めなかったのですが、、、

3章の途中から、ぐいぐいとストーリーが引き込まれて、そこからは最後までは、楽しくプレイしました!


全体を通して少し気になったのが、ちょっと説明的な台詞が多い点ですね〜。

最初のうちは、キャラの絵が微妙に前作と異なる点も気になって仕方がなかったのですが、、、これは、途中から気にならなくなりました。

捜査パートでキャラを捜査するのも、初めは違和感があったのですが、だんだん楽しくなってきましたね^^


これまで、御剣のキャラって余り好きじゃなかったんだけれど、この作品をプレイして、御剣にも好感が持てるようになりました♪


実は、逆転検事が発売されるまで、発売を待ちきれなくって蘇る逆転逆転裁判4をプレイしたのですが、どちらも、今やっても変わらない面白さでしたよ^^

やっぱり、逆転裁判シリーズは面白いなぁ〜。

逆転裁判2と、逆転裁判3も、久々にプレイしてみようかな。。。
posted by ムック at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

最近、購入したゲーム(5)〜教養系ゲームいろいろ〜

どうも! ムックです。

シムシティDS2以降は、教養系ゲームいろいろ購入したんですよね〜。
まとめて紹介しましょう!


ゼロからはじめる 大人の5ヶ国語入門 ←注意。リンク先サイトは音が出ます!!

このソフトは、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を学習できるという、とっても欲張りなソフトです^^

ニューカレドニアに行くので、ちょっとはフランス語を勉強しておこうと思って購入。

やっぱり、音が聴けて、しかもスペルを書けるってのは、語学学習にピッタリだと思う^^

内容は、ホントに初歩の初歩。
アルファベットの読み方から、数字の数え方。
そして簡単な単語の読み方と意味。

といったところ。

義務教育で3年間、英語を習っている一般的な日本人だったら、このソフトの英語部分は必要ないと思う。中学3年間で習うレベルまでしか出てこないから。

ただ、
それ以外の4ヶ国語については、

アルファベットや数字の読み方から習いたい!
ホントに初めて!!

という初心者にピッタリ
です。

私の場合、フランス語が全くの初めてだったので、このソフトでイチから勉強できて助かりました♪
(但し、発音まではマスターできなかったようで、ニューカレドニアでは片言英語でのコミュニケーションの方が通じましたが・・・。でも、発音は通じなくても、かなり役立ちましたよ! 特に数字なんかは、レストランや買い物で必須ですし。)


TOEIC TEST DSトレーニング

転職サイトなどに自分のプロディールを登録する時、必ず、TOEICスコアを記載する欄があるのだけれど、1度も受けたことがなくて記載できないので、「TOEICって、どんなテストなんだろ?」ということを知るために購入してみた。

今のTOEICテストは、少し内容が変わっているみたいだけれど、大体の雰囲気は、このソフトで分かりました。

そして、もうひとつ分かったのは、、、、
もしも、TOEICを受験するのであれば、自分は何を強化しなければならないのか?
という点。


もう、圧倒的に、聴き取れない!!

このソフトによって、「英語を勉強する時には、ヒアリングをやらなきゃ〜。」というコトに気付きました。


漢検DS 250万人の漢検プレミアム

先日の不祥事で、漢検にケチがついちゃいましたね〜><

私がこのソフトを買ったのは、日本語を書く練習をしたかったから。

履歴書を書くでしょ?

すると、自分の字の書けなさ、そして汚さ加減に、愕然とする訳です。。。

最近、手書きで公式な書類を書くことなんてないしさ。
せいぜい、申込書の類に、氏名、住所、電話番号を記入するくらい。

だからもう、圧倒的に、字を書く能力が下がっている訳ですよ。

で、ペン習字でもやりたいな〜。
と思っていたところに、このソフトを見つけました。

このソフト、お手本の文字を、なぞって練習できるんですよ。

正しい書き順も分かるし、一石二鳥!


購入して正解でした^^


■東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング

タイトル長><

んと。これは説明するまでもないですね^^

この間、初代脳トレで、やっと最高の結果(=脳年齢20才)を達成できたので、それ以降は、『もっと』でトレーニングしてます。

いつもやるのとはちょっと違う答え方をさせるトレーニングやテスト(例えば、計算した答えを書くのではなく符号を書かせたり、ジャンケンで負ける手を出させるなど)があって、慣れるまでは少し戸惑うのだけれど、だんだん新しいやり方に慣れてきて、スコアが上がるのが楽しいですね。

教授語録も一新されたし、点を繋いで絵を書いたりする教授の課題も楽しくて、買って良かったな♪

トレーニングの数も多いしね。


特に気に入っているトレーニングは、『名曲演奏』。

ムックは時々、無性にピアノを弾きたくなるのですが、『名曲演奏』のトレーニングをすると、少しだけ、『ピアノ弾きたい欲』が発散できます^^

今日の課題曲は、リストだったよ。
これから、どんな曲が出てくるのかな。楽しみだな〜。


DSというゲーム機の仕様は、こういった教材としての利用価値が高いなぁと、改めて感じます。

聴けて、録音できて、書けて。
それを何度も繰り返すことができる!!

まさに、学習向けの仕様ですよね。

無職だと、仕事をしている時に比べて頭を使う機会が減りがちだと思うので、こういった学習系ソフトも利用して、頭が錆びつかないように気をつけています。

それに、頭使わないせいか、余り食べてないのに太りがちだからさ〜。
体型維持のためにも、頭を使わないと!! と思ってます。

脳が消費するカロリーって、馬鹿にならないらしいからね。
posted by ムック at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、購入したゲーム(4)〜シムシティDS2〜

最近、購入したゲーム。4つ目は・・・

シムシティDS2 ←注意。リンク先サイトは音が出ます!!


古代から未来まで、色んな時代の街をプレイできるってシステムに以前から興味を持っていたので購入。


『現代おんだんか時代』をクリア後、無理やり環境を汚染させて、『おんだんかのけつまつ』もプレイしました。


このゲームをやりこむには、時間と忍耐が必要ですね^^;;

うん。シムシティに『時代』という概念を組み込んだのは正解だったと思う。

予想どおり、地球の環境について考えるキッカケになるような作りにもなっていたしね。

すっかり地球が汚れて、人間が外の世界で生きられなくなってしまった
『おんだんかのけつまつ』時代に生きるシムの、

「せいれきでいうと 2008年か そのときはまだ ておくれではなかったよ」

という台詞。

ちょっと考えちゃいますよね。


本当に間に合うのかな?
間に合えばいいな!


DSだから仕方ないんだと思うケド、セーブデータが2つしか作れないのは、時代が分岐するチャレンジモードをやりこむのに不便だねぇ。。。まぁそれは、仕方ないか><
posted by ムック at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、購入したゲーム(3)〜セブンスドラゴン〜

という訳で、まだまだ続いちゃうんですよ〜。

最近、購入したゲーム、3つ目は、セブンスドラゴン


雑誌やサイトの情報を見て、「これは世界樹の迷宮みたいなシステムの王道RPG。という位置づけかな?」と思って購入。

『世界中の迷宮』をプレイした時に、「このゲームのストーリーを、もっと膨らませたら、それはそれで面白そう♪」と思っていたので。


で、感想は。

うん、日本の家庭用ゲーム機用の、王道的なRPG(いわゆる、ドラクエ的な?)ですな。

という感じ。

王様がいて、お姫様がいて、みたいな。


悪くないです。
悪くないケド、個人的には、もうそういうRPGは、飽きたかな^^;;



チビキャラシステムも、軽快なテンポで戦闘が進んでGood!

ドラクエ的な、日本の王道RPGが遊びたい人には、おススメのゲームです。
posted by ムック at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、購入したゲーム(2)〜428〜

さて、最近、購入したゲーム。2つ目は、、、、


428〜封鎖された渋谷で〜!!!

ついでに言うと、428プレイするために、ついにWiiも購入!
思っていたより小型でスペース取らない点がGoodですね^^

Wiiについては、以上!
「え! それだけ!?」て言わないで^^;;
だってまだ、Wiiでやったことって、428のプレイだけなんだもん。


さて、話を428に戻しまして。。。

もうコレはね〜。名作!!

ブログ更新できるようになるまで気持ちが回復するのを待ち切れなくて、本棚作って感想アップしちゃったもんね^^


ま、本棚の感想に書いたように、とにかくシナリオが素晴らしいのだけれど、
デザイン、操作性、音楽、グラフィック(殆ど写真、たまに映像)も然り。
そして役者さんも。
主役級からチョイ役まで魅力的な方がたくさんいらっしゃって・・・。

もう、

申し分ない!!

2009年のムックいち押し(発売は2008年12月だけど)ゲーム、第一候補!!


とにかくね〜。これはもう、ゲームの範疇を超えたと思うのですよ。
エンターテイメント作品として、素晴らしいと思うのです!

大絶賛しちゃってゴメンね〜^^;;
だって、ホントにそう思うんだもん^^


とにかく、これはゲームに興味ない方にも、プレイしてもらいたい作品です。
特に、スリリングなドラマとか映画とか好きな方にお勧め
な気がします。

それと、ストーリー重視の小説が好きな方にもお勧めかな?
もうムック、クライマックスには音読しながらプレイしちゃうもん^^
それ位、何というか、サウンドノベル用に、無駄なテキストをそぎ落とした文章がまた、素敵なのです♪


あと、個人的には、色んなコトがあって、仕事に対する自信と情熱がゼロになってしまった時期、私は、この作品をプレイすることで、失ったものを取り戻す、キッカケをもらった気がします。

一時期わたし、御法川シナリオ目当てで、ほぼ毎日、428をプレイしてました^^;;

御法川シナリオって、仕事の話がメインなんですよ。

仕事に対する熱意と情熱がほとばしっている御法川。
生活のためにプライドを捨て、仕事に対する情熱を失い、それでも借金から逃れられず、自殺を考えるまでに追いつめられた頭山。
更に、取材が苦手で仕事にありつけない、駆け出しライターの千晶。

もう、この3人のストーリーがね〜。

仕事に対する情熱を失った自分にとっては、回復剤のようなモノになりました。

毎日毎日、

過剰な位に情熱的で、仕事にプライド持ってる御法川の様子を見て。

頭山が、仕事に対する情熱とやる気を取り戻す場面を見て。

千晶の、何としてでも記事を書きあげようとする頑張りを見て。

少しずつ、

仕事に対する情熱を回復できた気がします。

これはホントに、個人的な話なのだけれども。

(ちょっと補足すると、このシナリオは、428のストーリーの中で一番、本筋に絡まないストーリーなんです。428の本筋のストーリーは、もっともっとダイナミックで、スリリング! 何しろ、サブタイトルが『封鎖された渋谷で』ですから!!)

そういう訳で、私にとって、428は、更に思い入れの強い作品になりました。

もしも、ちょっと前の私のように、仕事に対する情熱や自信を失っている人がいたら、そういう人にも、428、いいかもしれない^^
posted by ムック at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近、購入したゲーム(1)〜99のなみだ〜

どうも! ムックです^^


今日は久しぶりに、何も出かける予定がない日。

旦那は、退職後、初の面接に出かけました!
私は心の中で、「がんばれよ〜!!」というエールを送りつつ、お家でこうしてネットしております。


さて、ムックは、初めてのブログを立ち上げた頃から、プレイした全てのゲームについて、ブログに書き残しているので、そのチッポケな伝統に従って、ここ数カ月にプレイしたゲームのことを、アップしておきます。


まずひとつ目は、99のなみだ

これはね〜。だいぶ前に買ったんだ。

既存のゲームとは全く違う、『ストーリーを読んで泣く』というコンセプトに興味があったし。

それにもしかしたら、ちょっと心が疲れていたのかもねぇ〜。泣いてスッキリすることに興味があったので。

しかし、コレはハズレでした><

私が、過去に購入したゲームを、『ハズレ』って紹介するのって、コレが初めてな気がするのだけれど。
ホントに、これまでに購入したゲームの中で、これだけのハズレは初めてです^^;;

とは言っても、コンセプトやシステム。デザインなどなどは良くできていると思うし、そういった面は評価しています。

ただ、ひとつひとつのストーリーが、徹底的に、私の感性と合っていなかった><


私にとっては、泣けるどころか、「だから?」と白けてしまうストーリーばかりだったので・・・。

なので、私の感性に合った、泣けるストーリーを搭載した(もしかしたら私、もう少しボリュームがあるストーリーじゃないと泣けないかもしれない。シラネーヨとお医者先生は泣けるんだケドな・・・。)バージョンがあったら、興味あるカモ。


あ、イキナリ、結構な文字数になってしまったわ><
私って、お喋りなせいか、すぐに長くなっちゃうんだよね〜。特に今、暇だし^^;;

私の知人友人の皆さん、最近、事ある毎に、長いメール送りつけてゴメン!!
早く仕事見つけないと、毎日、忙しく働いている皆さんの迷惑だね・・・。
ゴメンね。もう暫く(いつまでだろ? 一応、次の誕生日までには仕事の目途を立てたいと思ってます。え! 先過ぎ!?)迷惑かけます><


という訳で、次のエントリへ〜。
posted by ムック at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする