2011年09月20日

粉瘤、その後

約1年前、ムックを襲った粉瘤事件!!

『たこの吸出し』という怪しげな薬で皮膚を溶かし、膿を出したことで、ひと段落したのですが、、、

粉瘤の原因となる『膿のカプセル』
(↑この表現は、新井素子さんの粉瘤治療体験記、『もとちゃんの痛い話』に出てきます)
をチャンと取っていない為、「その内、再発するかも・・・。」と思っていました・・・。


その粉瘤に、ここ数日、再発の兆候が!!

再発と言っても、正確には、前の場所と、ちょっとズレてる気がします。

1年前の粉瘤の原因となった『膿のカプセル』は、膿と一緒に出せたのかも、
でも、その側に、もうひとつ、『膿のカプセル』があるのかも、
という感じ。


去年、ネットで調査したところ、『どくだみ茶』が良いようだ、という記事を見つけ、
「再発した時は、どくだみ茶で乗り切ろう!」と考えていた事を思い出し、どくだみ茶を飲みまくりました。

そして、3日程、飲み続けたところ、腫れは引きました^^


でも去年、『たこの吸出し』効果により、皮膚に穴が空いた状態で皮膚科に行った時には、
「もっと早く来て欲しかったですね。」と言われてしまったので、念のため、同じ皮膚科に行って来ましたよ。

(と、簡単に書いてますが、患部の場所が場所だけに、やっぱり勇気が要ります。2回引き返して、3回目でやっと、目的達成しました^^)


「少し腫れてきたので、どくだみ茶を飲んだら良くなったのですが、念のため、来ました。」
と伝えたら、

「どくだみ茶?」
と怪訝な顔をされました^^;;

診断の結果、「今は大丈夫そうですね。」との事。

ここで再度、
「ちょっと前まで、腫れてたんですケド、どくだみ茶を飲んでたら腫れが引きました。」
と伝えてみたのですが、やっぱり、怪訝な顔されました(>_<)


いや〜、どくだみ茶、効いたんだケドね〜。


気になる時は、前に出したた塗り薬
(↑ステロイドと抗生物質を混ぜたもの。ラベルに『エキザルベ』と『フシジンレオ』の記載)
を塗り、『腫れて、押したら痛む』ようになったら来るように、と言われました。


『腫れて、押したら痛む』って、『膿が溜まったら』って事だよね・・・。
膿が溜まった状態で行ったら、何されるのかな・・・。
切って、膿を出すのかな? 切るのは怖くないケド、膿を出すのが痛そうだ・・・。


薬にはステロイドが含まれてるようだから、余り頼りたくないし。
ここはやっぱり、どくだみ茶で様子見、でしょうか??


ここ3日間、どくだみ茶を飲みまくっていたので、在庫が切れそう。
明日、早速、どくだみ茶を買いこもう!!
posted by ムック at 17:37 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

粉瘤その後

今日は久々の休みです。
BCMSNの勉強もしたいところですが、このところ忙しかったので、敢えてゴロゴロ過ごしました^^

粉瘤の傷、11月22日にガーゼを外してから、様子を見ていましたが、その後順調に塞がったようです^^

もしかしたら、また膿が溜まって再発することがあるかもしれませんが、その時は、どくだみ茶を試してみようと思っています!
posted by ムック at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

『病気を治す食べ方、食べ物』

病気を治す食べ方、食べ物 (ベスト新書) [新書] / 石原 結實 (著); ベストセラーズ (刊)

コンビニで売っていたのを買ってみた。

石原先生の本は、以前、生姜紅茶ダイエットのを読んだコトがあるので、
コレと言って目新しさは無かったけれど、以前読んだ生姜紅茶ダイエットの本よりは実践的な内容。

朝食抜きは夜更かしするようになった中学時代からの習慣だし、
洋食よりは和食、肉よりは魚や野菜が好き、なムックですが、

この本を読んで、改めて

・水分を取り過ぎない
・1日1回汗をかく
・昼食は蕎麦か具だくさんのうどん
・歯のバランス(大まかに言って、穀物6割、野菜2.5割、魚肉1.5割)を考えた食事
・身体を冷す食べ物を避ける(ムックは陰性体質、要は冷え症なので)
・腹八分目(食べ過ぎない、食欲が無い時は無理して食べない)

という生活を心がけよう、と感じました。


石原先生の良いところ(説得力があるところ)は、医学の知識もありつつ、漢方の考え方を用いている点ではないかな、と思います。

この本の最終章には、末期がんや難病を克服した方の体験記が掲載されているのですが、
ちょうど先週、粉瘤で3日程抗生物質を飲んでいて体調悪くなったところだったので、
難病で沢山の薬を毎日摂取していたら、そりゃ具合悪くなるだろ〜、と。つくづく感じました。

そんなムックは、普段、殆ど薬を飲みません。
風邪は寝て治すし、生理痛で痛み止めを飲むコトもないし(痛い時は無理せず家で寝る!)。
だから薬の効きがいいのかな? 抗生物質を3日も飲み続けていたら、顔は浮腫むし、風邪っぽくなるし、顔色も悪いと言われました。

薬は強力だからコソ、飲み過ぎないコトが肝要な気がします。
薬を飲まなくて済むように、健康を維持しなければ!
posted by ムック at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

粉瘤を知ったキッカケ〜『もとちゃんの痛い話』〜

ムックです。

抗生物質を飲んでいた影響か、体調がすぐれませんが、粉瘤は少しずつ膿が出ています。
多分、膿が出きったら傷も塞がると思う。順調に回復しています♪


ところで、粉瘤という病気。ムックは大分前から知っていました。

キッカケは、
もとちゃんの痛い話 (角川文庫) [文庫] / 新井 素子 (著); 角川書店 (刊)


この本を読んで、「旦那の耳の後ろにあるのも粉瘤に違いない!」と確信したムックは、
「中の袋を取らないと治らないんだってよ〜。皮膚科行きなよ〜。」って、散々言っていたんだよね。

まさか、それよりずっと以前から、自分も粉瘤を隠し持っているとも知らず。。。


という訳で、この記事を読んでる皆さんの身体にも、ひょっとしたら粉瘤が、ひそんでいるかもしれませんよ!!
(と、脅してみる^^)
posted by ムック at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

粉瘤? たこの吸出し体験(旦那の粉瘤編)

実は、ウチの旦那さんも、長いコト、粉瘤持ちだったんです。
(あと、旦那さんのお父さんと、妹さんも。そういう家系なのかな?)

旦那さんは長いコト、両耳の後ろに粉瘤を持っていて。

私がお世話になっている方の皮膚科で、
「もうちょっと腫れるとやりやすいんだケドね〜。様子を見ようか。」と言われ。

後日、おじいちゃんの方の皮膚科で、
「取っちゃいますか。コレ(注射器みたいな形だそうです)で膿を吸い取って、切って袋を取れば大丈夫。」
と言われ、
「もっと簡単にできませんか?」
と交渉し、
「じゃあ、取り敢えずコレで吸い取ろうか。」
って、注射器みたいなので吸い取って、膿を押し出してもらってから、片方の耳は再発していないそうです。

で、もう片方の耳は、シャンプーしてる時に潰れちゃって、自分で膿を押し出したら、それ以降は再発していないそう。


粉瘤、よくある病気らしい。
まさか自分も、15年以上前から隠し持っていたとは思ってなかったけれど・・・。
posted by ムック at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(9)

粉瘤? たこの吸出し体験(8)の続き。
長くなったけれど、一応この記事で終了の予定・・・。


その後、病院の向かいの薬局で飲み薬と塗り薬(『陰部』と印刷されたシールが貼ってあって、ちょっと恥ずかしかった・・・)を貰って帰宅。

帰宅後、2度ほど、ガーゼを換えて薬を塗りました(ちょっと換えすぎかも?)。

専門家はガーゼの貼り方も綺麗で、参考になりました!
私はテープで貼っていたけれど、先生は『貼る包帯』ってのを使ってました。
私も真似して、同じようなのを購入しましたよ^^

先生は、「金曜か土曜に来れる?」と言っていたのだけれど、
「どっちも駄目です。来週の水曜なら・・・。」と言ったら、
「その頃には治っちゃうよ。」と言って、5日分の薬を出してくれました。

というコトは、あと5日で治る見込みというコトだよね^^


でも、ガーゼを換える時に見た患部は、更に傷口がパックリと空いて(広がって)、大変なコトになってます。
ホントに5日で治るんかいな・・・。でもまぁ、そしたら来週また診てもらえばいいや。

というのが、今の状態です♪


久しぶりにブログ更新しよう! って思ったのは、

一昨日と今日の通院で、
見せるのが恥ずかしい場所だと思っても、お医者さんにとっては、ただの患部でしかないってコトを感じたから。

医者に行く前にネットで色々調べたところ、私と同じように、足の付け根に異常がある人、結構いるようなんですよね。
で、私と同じように、場所が場所だけに、医者に行かずに何とかしようとする人も、結構多いみたい。

その気持ち、分かります!!
私も、普通に歩けなくなるまで放置してましたから。。。

でも、お医者さんって、どんな箇所でも普通に対応してくれるから、何も恥ずかしいコトないですよ!
というコトを伝えたくって、この記事を書きました。


そして、ブログに書こうと思った理由は、もうひとつ、あります。

ネット上では、たこの吸出しを絶賛する記事が多かったので、
私のように、酷い痛みが続く場合もあるってコトを、一応、ひとつの体験として、残しておこう、と思いました。

とっても痛かったけれど、私もたこの吸出しには感謝してます。
腫れの痛みから解放してくれたのは、たこの吸出しですから。

今こうやって、ブログの記事をアップできるのも、たこの吸出しの効果で膿が出て痛みから解放されたお陰です(昨日までは、座ってるのも痛かった・・・)^^


まぁ一応、傷が塞がったら、後日談としてブログでも報告したいと思います。
それまで、皆さん、お元気で♪
posted by ムック at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

粉瘤? たこの吸出し体験(8)

粉瘤? たこの吸出し体験(7)の続きです。


翌日(今日のコトです)は仕事がないし、昨日は大変なコトになったしってコトで、昼頃まで眠り続けたムック。
起きてまずやったのは、勿論、患部のチェック!

昨日より更に、グロいコトになってました。。。
何か、皮膚に空いた穴が広がってる感じ・・・。

昨日は、このまま自分で消毒してれば収まるだろうって思ったけれど、ちょっと不安。。。
場所が場所だけに、排尿の際に黴菌が入ったりしたら、別の病気になっちゃうかもしれないし。。。


と思って、口唇ヘルペスでお世話になっていた方の皮膚科に行くコトにしました。

こっちの皮膚科は常に混んでいます。
午後の受付開始前に到着したにも関わらず、既に何人かの方が待っていました。

待合室で待ちながら、どう説明しようか、考えます。
簡潔に説明すべきか、詳細に説明すべきか・・・。

診察室に入り、「暫くぶりですね〜。今日はどうしました?」という先生に、
「詳しく説明した方がいいですか?」と、まず質問。
「はい。」という返事なので、「15年ほど前に・・・。」というところから、話はじめました。

で、「一週間ほど前に急に大きくなって・・・。」という辺りまで話したところで、
「大体分かった。ちょっと見せて。」という先生。

これだけは言わなきゃ!
と思って、「で、たこの吸出しってのを試したんです。」と言いながら、患部を見てもらいました。

先生の診断によると、「粉瘤だね〜。」とのコト。
「もっと早く来て欲しかったですね。」と言われてしまいました・・・。

寝っ転がっているのでよく分かりませんでしたが、薬を塗って、ガーゼを貼って、処置終了。

「中に袋があって、それを取らないと再発します。」と図を書いて説明してくれる先生に、
「消毒した方がいいですか?」「お風呂は入らない方がいいですよね?」など、気になる点を質問。

意外なコトに、消毒はしない方がいい、と言われました。
あと、お風呂は入らない方がいいけれど、痛くなければシャワーで清潔にした方が良い、とのコト。

自己流でやってたら、消毒しまくってたと思います!
それだけでも、専門家に診てもらって良かった♪ と感じました^^

そういえば、以前お世話になったキズパワーパッドも消毒しないで使うんだよね。

最近は、消毒しない方が治る、という考え方になっているのかな・・・??


いよいよで、最後(の予定)です^^
posted by ムック at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(7)

粉瘤? たこの吸出し体験(6)の続き。


翌朝は勿論、朝イチで患部をチェック!

チェックしてビックリ(@_@)
昨日、黒くなっていた部分が、こんもり盛りあがっています!

ひぇぇ〜。数時間で剥がしたというのに、これがたこの吸出しの効果なのか?

その日(昨日のコトです)は仕事だったので、痛みに耐えながら電車に乗り(電車の中で立ってるのが辛かった・・・。揺れる度に歯をくいしばってました(>_<))、仕事場に到着。

仕事場で栄養補助食品をつまみ、昨日もらった抗生物質を飲みました。

そして、いつものように、講習スタート!

しばらくして気付いたのですが、いつの間にか、痛みが軽減していました。
それに何だか、匂うゾ!!

休憩時間にトイレに入って理由が判明。
講習中に皮膚が破れたようで、昨日買ったばかりの3分丈パンツ(ショーツと言った方が響きがいいかな?)が血まみれ!

この時、もしも3分丈じゃない普通のパンツを穿いてたらエライことになってたと思います。
でかしたゾ! 3分丈♪

という訳で、匂いの原因は、血と膿でした。。。

休憩時間に薬局やデパートでマキロン、脱脂綿、替えの3分丈パンツ(年齢層高めのデパートに行ったら置いてあった^^)を購入しつつ、昼と夜の講習を滞りなく済ませ、帰宅後、患部をチェックすると!


ちょっと怖いというか、グロいコトになってました・・・。

でもまぁ、膿が出たコトで腫れと痛みは治まったし、後は消毒してれば何とかなるか^^
明日は休みだし、一日寝ていよう・・・と、眠りにつきました。


に続く。
posted by ムック at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(6)

粉瘤? たこの吸出し体験(5)の続き!


たこの吸出しにチャレンジしてみたムック。

添付の説明通り、ガーゼに薬(グロい緑色。しかも結構硬い)を延ばさないようにして付け、そのガーゼを患部に貼り付けました。

しばらく後。

針で刺すような痛みに襲われました。
痛みには波があるものの、痛い時は泣きたい位に痛い!!

暫くガーゼを貼ってましたが、「これは、やっぱ良くない!」と判断。
数時間後、ガーゼを剥がしました。


でも、痛みは止まず。
入浴しても痛みます。

しかも、腫れものの一部が黒くなったきたよ!!

その晩(=一昨日のコトです)は、痛みに耐えながら眠りにつきました。

痛くて足を真っ直ぐに伸ばせないし、寝返りも打てないし、ナカナカしんどかった・・・。


まだ続きます〜。
posted by ムック at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(5)

粉瘤? たこの吸出し体験(4)の続き・・・。


ちなみに、皮膚科で採った尿からは、蛋白が出ていたそうです。
「真っ赤だったよ。」という先生に、「最近、疲れてる?」という受付の方。

よく分からないケド蛋白が出てるんだし、、、帰宅後、横になるコトにしました・・・。

そのまま旦那が帰宅するまで眠り、旦那が帰宅したところで、今日の顛末を報告。

そして、買って来たたこの吸出しを見せたところ、
「せっかく買ってきたのに、使わないの?」
という反応。

え!?

実はこの薬、皮膚を溶かして膿を出すという、かなり危険なモノらしく、
本気で使う気はなかったムックです。

でも、やっぱり、ちょっと試したい気もしますよね・・・。

「大丈夫だと思う?」
「イリー(旦那のコト)だったらどうする?」
と何度も質問し、
「何だよ〜。自分で決めろよ。」
と言われたムック。

明後日は仕事休みだし、何かあったら一日寝てられるな。
とも思い、、、思い切って、試してみることに!!


に続きます。
posted by ムック at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(4)

粉瘤? たこの吸出し体験(3)の続きです。


帰宅した私は、入浴するコトにしました。
いつも採血には苦労するので、少しでも血流を良くしようという努力です^^

で、時刻通りに皮膚科に到着。

おじいちゃん先生に採血してもらいます。。。が、ここで悪い予感的中!

私の血管、とっても採血しにくいらしいんです。
新米っぽい人だと、まず採血できません。

以前、車に跳ねられて入院した時に一度だけ点滴したコトがあるのですが、
この時は、若い看護婦さんが点滴入れようとして断念。
次にやって来たベテラン看護婦さんも、、、断念。
最終的に「婦長さんかも?」位の大ベテラン看護婦さんに交代して、やっと目的達成しました。

採血って、下手な人に当たると結構大変ですよね。
針を入れたままグリグリされた揚句、採血できなかったってコトもありました。。。
(勿論、内出血しましたよ。)

「アレ? おかしいな。何かやったコトある?」と言いながら何度か試している先生に不安を感じた私は、
「採血はいいです。」と言って、無理やり止めさせてしまいました(>_<)

だって、この先生に私の血が採れるとは思わなかったんだもん!
大きな病院だったら代わりの人が来てくれるケド、ここには先生一人しか居ないし。。。


「来る気があったらまた来て。次は採血するからね。」という声を背に、診察室を出たムックでした・・・。


まだ続きます!
posted by ムック at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(3)

粉瘤? たこの吸出し体験(2)の続き!


『おじいちゃんせんせい』は、本当におじいちゃんでした!

補聴器付けてるし、私の言ってるコト、半分位しか聞きとってもらえません・・・。
詳細な話をするのは諦め、自主的に患部を看てもらいました。

すると、「何歳? 結婚してるの? 旦那さんは体調大丈夫?」
どうやら先生、性病の類を疑っている様子。

「旦那さんは元気です。」と、性病の可能性を否定。

で、「取り敢えず、抗生物質を1週間分出しますので、様子を見ましょう。」ってコトになりました。

が、待合室で待っていると、「一応、おしっこ採っておいて。」と言われ、指示通りトイレで採尿。

トイレから出て、採尿が終わったコトを伝えようとしたら、受付は空。

奥では、おじいちゃん先生が、どこかに電話を掛けている様子。
「4時に届く?」などと話しているのが聴こえてきます。

暫くしたら受付の方が戻って来たので、「採尿できました。」と伝えたところ、
「採血もしたいのだけど、4時まで待てる?」とのこと。

何でも採血用の新しい器具が無いようで、4時に届くのだそうです。

家から近い病院なので、一旦帰宅することにしました。


またまた、に続きます!
posted by ムック at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(2)

粉瘤? たこの吸出し体験(1)の続きです。


一昨日は仕事休みだったので、
この腫れて痛む部分に縁が当たらないようなタイプの下着を調達しに行こう!
と考えていたのですが。

最早、普通に歩けない程、痛みが酷くなっていました。
腫れた部分が圧迫されると痛むのですが、足を動かすだけでも圧迫され、痛いのです・・・。

これは流石に、医者に行った方がいいかも・・・。と覚悟を決め、
エンジニア時代に口唇ヘルペスでお世話になった(エンジニア時代、ストレスのせいか、数か月に一度の間隔で発症してました。エンジニア辞めてからは一度も発症してません^^)近所の皮膚科に出向いたところ。。。

月曜は休診日でした。残念!!

少し足を引きずりながらクリーニング屋さんに寄ったついでに、評判の良い皮膚科か形成外科があるか聞いてみたところ、形成外科は知らないケド、整形外科ならある、とのこと。

よし! と思って出かけてみたら、丁度お昼休み中・・・。
なので、病院の前にスーパーに下着を調達しに行くことにしました。
(前日、旦那から「多分あそこなら売ってる。」情報を入手していたのです。)

スーパーにて、「こんな下着もあるのか!」と感動しながら、足の付け根を圧迫しないタイプの3分丈パンツ
(俗に言う『ズロース』ってヤツ? でも、このまま出歩いても恥ずかしくないって感じのデザインのもありました^^)を買い求め、帰り道には薬局に寄って、たこの吸出しという薬を調達しておきました。

この薬、
そういうふうにできている (新潮文庫)
の中で、さくらももこさんが粉瘤を治す為に使ったという薬です。

かなり怪しげだけど、膿を出す為の薬というコトなので、イザという時に使えるかも!
ってコトで、ネタ的な意味合いも兼ねて購入してみました。

帰宅後は、ネットで整形外科について調査。

調査したところ、整形外科は、今回のような症状を診るところではないのでは?
という気がしたので、近所にある、別の皮膚科に行ってみることにしました。

そこは、クリーニング屋さんが、「おじいちゃんせんせい」と呼んでいた皮膚科です。

私が通っている皮膚科は混んでて嫌!
という旦那さんは、何度か行ったコトがあるらしい、のですが・・・。


またまた、に続きます〜。
posted by ムック at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

粉瘤? たこの吸出し体験(1)

ムックです! ご無沙汰してます。

何か最近、ブログやらネットやらに飽きてる感じのムックなのです。mixiも殆ど見てないし。。。

やっぱ、教える仕事してるせいで、コミュニケーションが充実してるのかもしれません。
ネットのコミュニケーションより、直接のコミュニケーションの方が、ずっとずっと面白い! もの。

そんな訳で、ここのブログも放置気味ですが、
久々に、ブログに書きたくなるような大ネタ仕入れました!

題して『粉瘤? たこの吸出し体験』。はじまりはじまり〜♪


◆ ◆ ◆

事の起こりは、15年以上前に遡ります。
左足の付け根(ちょうど下着の縁が当たるところ)に、しこりが出来ました。

当時、ムックはマルコの補正下着を着用していたのですが、この補正下着の中に、股の部分にチャックが付いてるのがあったので、

そのチャックが当たっちゃったのかな?

と思い、それをキッカケに、マルコの補正下着を着用するのは止めました。

で、様子を見ていたところ、しこりは少し小さくなった様子。
痛くも痒くもないし、そのまま放置していました。

で、放置するコト15年以上。


今年になって、そのしこり、ちょっと大きくなった気がしていました。
でも痛くも痒くもないし、日常生活に何の支障もないので、やっぱり放置してました。

そして先月末のコト。蒙古タンメン中本に、10月まで限定のメニューを食べに行きたい!
という集いに誘われ、中本の蒙古タンメンは好物だし、参加しました。

でも生理中で体調悪かったせいか、翌日になってもお腹の調子が悪く・・・。
しかも、その話をしたら、旦那がセブンイレブンで蒙古タンメン中本監修の蒙古丼を買って来た!
で、調子が悪いにも関わらず、それも平らげてしまい(辛いもの、大好き♪)。。。

そうしたら翌日、例のしこりが巨大化!
丁度、下着の縁が当たる箇所なので、痛い痛い。


とは言うものの、場所が場所だけに、医者に行く気にはなれず、様子を見ること1週間余り。

下着の縁が当たるせいか、しこりは段々と赤く腫れ、痛むようになってきました。

「どうしよう?」と思いつつ、「まぁ暫く様子を見よう。」とやり過ごしていたら、ついに一昨日、普通に歩けない程に痛くなってしまいました・・・。


長くなりそうなので、次の記事に続きます。久々の続きモノ!
posted by ムック at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

人命救助

ライフセーバーの勉強をしている知人に、人の命が助かるのかどうかは、その場に居合わせた人の対応が非常に重要、という話を聞いた。

彼の話によると、日本の人命救助率は先進国では最低とのこと。

確かに、私自身、目の前で人が倒れた時、何をしていいのか分からない。
人工呼吸、心臓マッサージ、AEDという用語は知っていても、その具体的な方法や使い方は知らない。

人命救助の方法を知るコトで、知らない人を助けるだけではなく、家族など、身近な人も助けることが出来るんだよと言われ、その通りだよねと納得。


そんな訳で、早速、自分にやりやすい方法で、人命救助について勉強してみることにしました。

日本赤十字社 秋田県支部のサイトに、人命救助ゲームというコンテンツを発見!

少しやってみたのだけれど、解説が豊富で、勉強になりそう。

『知ってる』だけで人命救助できる訳ではないだろうけど、まずは、『知る』ことからスタートしてみます。
posted by ムック at 14:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

新型インフルエンザワクチンが問いかけるもの

ちょっと前に、新型インフルエンザのワクチンに関するニュースを見ました。

新型(豚)インフルエンザのワクチンを、鶏の有精卵から作ることができることが分かった。
しかし、鶏の有精卵は不足しており、コストも高くついてしまうため、ワクチンの製造は困難である。

というニュースでした。


私は、このニュースを見て、この事実は、現代社会に生きる私たちに、重要な警鐘を鳴らしているように感じました。


なぜ、鶏の有精卵が少ないのか?
なぜ、有精卵が高価なのか?


雄と雌の鶏を普通に飼育すれば、通常、雌鶏が産む卵は有精卵である筈です。


卵は、スーパーにたくさん売っているのに。
私たちは、よく卵を食べているのに。


それなのに、有精卵が少ない、そして高価である。
ということは、私たちが普段見かける卵、普段食べている卵は、その殆どが、無性卵ということです。

つまり、雌鶏たちは、不自然な状態で飼育され、ただ卵を産むためだけに生かされ、その卵製造機と化した雌鶏の卵を、普段の私たちは食べているということです。

ギュウギュウ詰めにされて、一生、外の世界を見ることもできず、殆ど動くこともできない状態で生かされている雌鶏たち。

そして、その卵を食す私たち。


皆さんも、いま一度、自分が普段食べている命について、考えてみてはいかがでしょうか?



■関連記事

『日本の「食」は安すぎる―「無添加」で「日持ちする弁当」はあり得ない』を読んで

食品の裏側

今日のごはんと地球環境の関係

食べたい、安全!

アメリカの牛

「いのち」をいただく
posted by ムック at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠のMP回復力

こんにちは〜。ムックです。

東京はスッキリしない天気の日が続いていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


最近、睡眠の力ってスゴイなぁ〜、というコトを、改めて感じています。


先日、旦那が会社の面接に行ったのですが、緊張して疲れたんでしょうね。
帰宅後、まだ夕方前だってのに、布団に入って眠りについたんですよ。

しかも、隣の部屋に居る私にも寝息が聞こえるくらい、「スー。スー。」と、寝息をたてて。

普通、寝息って、隣の部屋まで聞こえるモンじゃないと思うんですよ。

勿論、普段は、隣の部屋で旦那が寝ていたって、寝息は聞こえてきません。


その寝息を聞いて私は、「あぁ、面接で疲れたんだなぁ。。。」と感じました。
そして旦那は、その疲れを、睡眠で回復してるんだなぁ・・・、と。


実は、旦那がそんな風に寝息をたてて眠っている様子を、ちょっと前にも目撃しました。

それは、急に仕事を辞めることになった時。
旦那は2日間くらい寝込んでいたのですが、その時もやっぱり、隣の部屋まで聞こえるくらい、寝息をたててましたね〜。


どうもウチの旦那の場合、精神的に疲れると、隣の部屋に聞こえるくらいの寝息をたてるようです。


かくいう私も、ちょっと前に調子を崩して仕事を休んだ時、初めの2日間、ぶっ続けで眠ってました。

2日間眠ったら、だいぶ気持ちが楽になっていて、「睡眠って、体力だけじゃなく、心の疲れを回復する力もあるんだなぁ〜。」というコトを実感しました。


皆さんも、心が疲れた時は、たっぷり眠って、MP回復してくださいね♪
posted by ムック at 18:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

食品の裏側

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物食品の裏側―みんな大好きな食品添加物
安部 司 (2005/10)
東洋経済新報社


この本を書いた安部 司さんは、元々、添加物商社のトップセールスマン。

つまり、添加物を売るという仕事をしていた方です。

ですが、ある時、自分の子供が、自分が開発したミートボールを食べるのを見て、その翌日に退職を決意されたそうです。

なぜなら、そのミートボールは、

『あるメーカーから依頼されて開発したものでした。

発端はそのメーカーが、「端肉」を安く大量に仕入れてきたことでした。端肉とは、牛の骨から削り取る、肉とも言えない部分。現在ではペットフードに利用されているものです。

このままではミンチにもならないし、味もない。しかしとにかく「牛肉」であることには間違いない。しかも安い。

この「端肉」で何かつくれないか、と私に相談がきたのです。

元の状態では形がドロドロ。水っぽいし、味もなく、とても食べられるシロモノではありません。(中略)

まず、安い廃鶏(卵を産まなくなった鶏)のミンチ肉を加え、さらに増量し、ソフト感を出すために、「組織状大豆たんぱく」というものを加えます。これは「人造肉」とも言って、いまでも安いハンバーグなどには必ず使われています。

これでなんとかベースはできました。しかしこのままでは味がありませんから、「ビーフエキス」「化学調味料」などを大量に使用して味をつけます。歯ざわりを滑らかにするために、「ラード」や「加工でんぷん」も投入。

さらに「結着剤「乳化剤」も入れます。機械で大量生産しますから、作業性をよくするためです。

これに色をよくするために「着色料」、保存性を上げるために「保存料」「pH調整剤」、色あせを防ぐために「酸化防止剤」も使用。

これでミートボール本体ができました。

これにソースとケチャップをからませれば出来上がりなのですが、このソースとケチャップも、いわゆる「市販」のものは使いません。そんなことをしていたら、採算が合わず値段を安くできないからです。コストを抑えるために添加物を駆使して「それらしいもの」をつくり上げるのです。

まず氷酢酸を薄め、カラメルで黒くします。それに「化学調味料」を加えて「ソースもどき」をつくるのです。ケチャップのほうは、トマトペーストに「着色料」で色をつけ、「酸味料」を加え、「増粘多糖類」でとろみをつけ、「ケチャップもどき」をつくり上げます。

(中略)

本来なら産業廃棄物となるべきクズ肉を、添加物を大量に投入して「食品」に仕立て上げた------それがこのミートボールだった』


からです。。。


多くの方に、この本を読んで、まずは現実を知って欲しいと思います。

この本を読んで現実を知ることで、自然と、添加物が大量に使われている食品を食べる機会が減るんじゃないかな。
posted by ムック at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(4) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

肩凝りに効いたよ! 「美乳教室」

寺門琢己さんの最新刊を買ってみた。

その名も
美乳教室


ムックは肩凝りがひどくって、時には背中が痛くて眠れないコトもある位なんだケド、この本に紹介されていた体操をすると、かなり楽になります!!

特に、肩甲骨パタパタ体操は、気軽にできるし気に入ってる(^.^)


ところで。

たまに、グラビアアイドルの写真なんかで、ただおっきいダケのおっぱいも見かけるケド、あれって、セクシーかなぁ〜。。。

どちらかというと、セクシーというより、お母さん的ではないですか??

大きくっても、プリンとした感じがないと、セクシーとは言えない気がするんだケド、、、どうでしょう??
posted by ムック at 17:16 | Comment(0) | TrackBack(12) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

牛由来ゼラチンの用途

mixiの『BSE、狂牛病、ヤコブ病』コミュニティに、牛由来のゼラチンの用途に書いてありました!
・アスピック料理
・ゼリー
・プリン
・アイスクリーム
・ヨーグルト
・ワイン・ジュースの濁りの除去
・カプセル薬
・座薬
・錠剤の結合剤
・乳剤安定
・プラズマ増量剤
・チューブ入り化粧品
・ペースト状化粧品
・化粧クリーム

ムックが摂取しそ〜なのは、アイスクリーム、ヨーグルト、ワイン、、、あたりかなぁ。。。

ニュースソースは
狂牛病は警告する―ヨーロッパの体験が教えるもの
とのコトです(>_<)
posted by ムック at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする