2011年04月05日

URLメモ〜統一地方選候補者と原発〜

・候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会
 http://energy-policy.net/

・原発推進候補)電力総連組織内候補者90名一挙掲載
 http://ankei.jp/yuji/?n=1358
posted by ムック at 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

今日の鳩山内閣総理大臣施政方針演説で

今日の鳩山内閣総理大臣施政方針演説(←「首相官邸ホームページ」へリンクします)で、

このブログでも以前紹介したコトがあるガンジーの「世界にある7つの誤り」に触れていた。

(お孫さんのArun Gandhiが加えた8つ目の『責任を伴わない権利 (Rights Without Responsibilities)』には触れていませんでしたが)


何もかもをすぐに良くするコトはできないだろうけれども、
その理念を忘れずに、一歩一歩、改善していって欲しい。

いち有権者として、応援しつつ、道から外れることのないよう、目を光らせていきたい。
posted by ムック at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

選挙当日はいつも静か

今日は東京都議会議員選挙の投票日です。

選挙当日はいつもそうなのですが、今日も、「静かだなぁ・・・。」としみじみ感じながら過ごしています^^

選挙当日、「静かだなぁ・・・。」と感じるのは、前日まで選挙カーが五月蠅かったからに他ならないのですが・・・。


総務省は、選挙運動にネット(ブログやtwitter含む)を利用してはいけないという見解を出しているようですね。

それなのに、選挙カーでの名前連呼は認められているなんて、全く理解に苦しみます。

wfec_s.gif
posted by ムック at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

『ザ・選挙』

明日、東京都議会議員選挙の投票日なので、候補者の情報が確認できるサイトへのリンクを貼っておきます。

ザ・選挙

東京都議選の候補者を確認する場合は、
トップページ『【注目地方選】』欄の『東京都議選』をクリックするか
トップページの『現在選挙中』マップで『東京』→『東京都議会議員選挙』をクリックしてください。
posted by ムック at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

7月12日は、東京都議会議員選挙の投票日

こんにちは! ムックです。

東京在住の皆さん、お手元に『東京都議会議員選挙「選挙のお知らせ」』は到着しましたでしょうか??

ムックの自宅には、昨日、届きました。


7月12日は、東京都議会議員選挙の投票日
※選挙が終了したため、既にサイトは閉鎖されています

東京都の成人の皆さん、投票をお忘れなく!!


当日、用事がある方は、今日から前日まで、期日前投票も可能ですよ〜。
posted by ムック at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

参院選の結果を見て感じていること

ムックです。ご無沙汰してます(>_<)

ここのところ、今後の自分のキャリアについてかなり悩んでいたため、自宅でパソコンを起動する気力がありませんでした。。。


今回の参議院選挙での自民党大敗。

安倍さんは、現時点では自分が訴えてきた「美しい国づくり」に対する否認であると認めず、続投を表明していますね。

私は、今回、自民党が票を失った背景には、安倍さんが進めようとしている「美しい国づくり」。そのために進めようとしている憲法改正に対する民意が大きく反映されていると感じています。

最近、アメリカでも問題視されている従軍慰安婦に対する安部さんをはじめとした与党の対応にも憤りを感じていたので、このタイミングで日本国民が与党にNoを突きつけたということを世界に発信することができたことを、個人的に、大変嬉しく感じています。

安部さんの続投を、自民党以外の政治家や、日本の国民、そして世界の世論が許すのか、見守っていきたいと思います。


■関連記事

戦場のピアニスト

シルミド(SILMIDO)を観た

高校生からわかる 日本国憲法の論点(1)

日本国憲法(前文)

高校生からわかる 日本国憲法の論点(2)

日本国憲法(第二章 戦争の放棄)

日本国憲法(第三章 国民の権利及び義務)

マガジン9条(1)

憲法改正について

憲法を改正していないのは日本だけ?

マガジン9条(2)

9条守ろう!ブロガーズ・リンク

「群れ」と愛国心

軍隊は何を守るのか?

憲法改正の根拠?

愛する人をどう守る?

自衛隊は軍隊か?

日本国憲法(第十一章 最高法規)

素朴な疑問

人の命が駒になるとき

戦争で解決できるのか?

靖国参拝と日本の防衛

9条を守る理由

人の心を狂わせる

今週のマガジン9条(1)

今週のマガジン9条(2)

周辺の国々との緊張を軽減するために何ができるか?(1)

周辺の国々との緊張を軽減するために何ができるか?(2)

九条実現!

誰のための改憲か?

日本国憲法2.0開発部

今週のマガジン9条(3)

マガジン9条国民投票の結果発表!

一宇宙人として 一言物申す!

「正しい戦争」は本当にあるのか(1)

「正しい戦争」は本当にあるのか(2)

「正しい戦争」は本当にあるのか(3)

「正しい戦争」は本当にあるのか(4)

「正しい戦争」は本当にあるのか(5)

「正しい戦争」は本当にあるのか(6)

護憲は現実的だ!(1)

護憲は現実的だ!(2)

憲法9条改正、賛成ですか? 反対ですか?

憲法改正限界説について

いまどきの「常識」

イノセント・ボイス〜12歳の戦場〜

Sorry Everybody

遠い太鼓

メッセージ

ある少女のスピーチ

今週のマガジン9条、そして質問。。。

みんなでおしゃべり(^.^)

広い視野とたくさんの視点

今週のマガジン9条(4)

ブログの記事から

野ばら

今週のマガジン9条(5)

NoMDチームに参加!

今週のマガジン9条(6)

九条の会@mixi

アトラスさんの日記より〜改憲した後のことも考えよう!〜

独り言、そして憤り

村野瀬玲奈さんのコメントより〜現実に合わせて改憲する?〜

自衛隊についての私の意見

武力で守れば絶対に安全?

軍隊があれば解決する?

今週のマガジン9条、ほか

今週のマガジン9条(7)

日本という国

客観的な視点の必要性

憲法なんて知らないよ

活憲

「愛国心」再び

教育基本法案、反対!!

愛国心を教育することについて

7つの社会的な罪(マハトマ・ガンジー)

憲法九条を世界遺産に

ヒバクシャ ドキュメンタリー映画の現場から(1)

ヒバクシャ ドキュメンタリー映画の現場から(2)

ヒバクシャ ドキュメンタリー映画の現場から(3)

原発がどんなものか知ってほしい

石原氏の絶対得票率と国民投票法案

国民投票法案についてのお願い

2008年度用高等学校教科書検定結果についての見解

最後まで諦めない

Campaign for Nuclear Disarmament

『国民投票法案についてのお願い』のその後(1)

『国民投票法案についてのお願い』のその後(2)

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法

日本がもし100人の村だったら(憲法改正編)

鎌仲ひとみさん

私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します

どうなる? 国民投票法案

本日、国民投票法案の委員会採決が実施されます〜環境保護の為にも世界平和を! そのために、今できることを少しでも〜

「日本国憲法の改正手続に関する法律」成立

軍隊を保持しない国

ドイツは過去とどう向き合ってきたか(1)

ドイツは過去とどう向き合ってきたか(2)

最近読んだお奨め本〜『南京難民区の百日』〜
posted by ムック at 02:43 | Comment(3) | TrackBack(5) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

損したくなかったら、選挙へ行こう!(20代、30代の方へ)

同年代の方と話をしていると、「自分が選挙に行っても何も変わらない。」と言われることがあります。
そういう人って、けっこう多いんだろうな。。。


そういう方に読んで欲しいと思う文章を、
若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 
に見つけたので、以下に転載します(>_<)

『先に「政治家は中高年しか向いていない」と書いたが、これは若年層の投票率が低いことにも原因がある。

たとえば年金問題だ。いまの現役世代の年金が空手形で終わることは、ほぼ間違いないだろう。それでも多くの人は「仕方ない」とうつむいて諦める。「決まりだからしょうがない」と、疑問を抱くことすらしない人間もいる。(中略)

選挙権がない10代はともかく、20代以上であれば、少なくとも与えられた投票権をきっちり行使して、意思表示すべきだろう。でなければ、誰も自分たちの権利は守ってくれない。

「自分が50代になれば、若い世代に手厚く支えてもらえる番だから心配ない」というのはナンセンスだ。いまやその次世代が存亡の危機を迎えている。

どんな社会にもリヴァイアサンはいる。それは大企業の株主だったり、独裁政党だったり、ときにはある特定の一族だったりする。

だがこの国では、企業においても、労働組合においても、そして政治の世界においても、リヴァイアサンとして権力を握るのは年長者なのだ。』



会社も国も頼りにならないってんで、経済の勉強をして資産運用するのも大事だけど、それだけじゃなく、正当な権利を主張するってコトも、大事だと思う。

あたしは、払い損は嫌だよ。
posted by ムック at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

石原氏の絶対得票率と国民投票法案

今週のマガジン9条では、石原都知事が大人気♪

大人気だった石原都知事に関する記述をご紹介します^^


まずは、『今週の『マガジン9条』−07.04.11−』より

『あと4年間、口汚い言葉を発して弱者を貶め、外国人をののしり、歯向かう者たちには過酷な処分を下し、肉親や身内のみを重用し、豪華な旅を公費で楽しみ、週に2〜3日しか働かない男を、都民はまたもや権力者として認めたのだ。自分だけは弱者でも外国人でもなく、ましてや強権をもつ人間には歯向かうことなどしないと思っている人たちが、投票した都民の中では多数派だったというわけだ。
 桜が、散っていく。
 だが、ひとつだけ、書き記しておく。
 それは、石原慎太郎が得た絶対得票率は27%だった、という事実。』


元右翼の雨宮さんも取り上げています!

雨宮処凜がゆく! 3.都知事選終了の巻より

『彼は北朝鮮のテポドン、テロ、大地震、治安の悪化、鳥インフルエンザなどなどを持ち出してとにかく恐怖を煽りまくるのだ。そして「安心、安全」を強調する。そんなやり方の石原が圧勝した。』

『その不安は本当に「地震」や「テロ」によるものか? 「治安の悪化」によるものか?「治安悪化」という言説そのものが「神話」であることは『犯罪不安社会』(光文社新書)に詳しい。著者の調査では、「日本全体で犯罪がとても増えている」と回答したのは49・8%、しかし、自分の住む地域でとても増えていると回答したのはたった3・8%だった。日本隅々まで行き渡った「体感治安の悪化」。また、「子供が犠牲になる事件の急増」という言説も正しくはない。警察庁の統計では、90年以前と比べ、小学生が殺害される事件は大幅に減少したまま安定している。』

『将来どころか、近い未来さえ予測できない層が大量に生み出されている。しかし、その不安の正体はなかなか当人にも意識されない。自分の不安の理由がわからないことは、更に不安をかきたてる。そこに、これこそが不安の元凶だ、というモノが提示されると思わず飛びつきたくなる。そうすれば、自分の足元にある不安は軽減される(ような気がする)。考えてみれば、私もそれをやっていた。右翼団体にいた頃だ。自分の不安、将来への不安がすべてごちゃまぜになっていて、毎日毎日不安で仕方なかった。そこで持ち出したのは、やっぱり北朝鮮や中国、アメリカなど外部からもたらされる「巨大な不安」だった。それは「今、ここ」にある自分の不安から目を逸らせてくれるものだった。


松崎菊也の笑うニュース・クイズ 5.都知事選当確インタビューで語るよ。

『当選確実放送後のNHKインタビューを受けて、「東京オリンピック招致の見直しを70%を越える世論が求めていますが、これについて、どう見直されますか?」とのスタジオからの質問に対して、石原氏が吐き捨てるように言ったのは次のうちのどれ?

1.じゃあ、(スタジオの記者に)あ〜た、具体的にどこをどう見直せばいいのか言いなさいよ!(と気色張る)

2.じゃあ、(スタジオの記者に)あ〜た、具体的にどこをどう見直せばいいのか言いなさいよ! 直すから(と居直る)

3.じゃあ、(記者に)あ〜た、具体的にどこをどう見直せばいいのか言いなさいよ! ん〜なものぁバカな一部マスコミの扇動だよ(と決め付ける)』

答えは、松崎菊也の笑うニュース・クイズ 5.都知事選当確インタビューで語るよ。でドーゾ!


話は変わって、明日、与党が国民投票法案を通す予定だそうですが、その法案では、最低投票率が定められていません。

支持した有権者が27%でも石原氏が圧勝したように、仮に投票率が50%だった場合、憲法改正に賛成している有権者が全体では25%であっても、憲法は改正されることになります。

知事だったら任期は4年だけれども、憲法改正の場合、本当に、取り返しのつかない事になってしまう可能性が、非常に高い、、、と思う。

国民投票法案の問題点について、マエキタミヤコのSUSTENA日記国民投票法と猿田佐世さんに、動画付きで、とても分かりやすく掲載されています!

「国民投票法案の問題点って何?」という方に、ぜひ読んで欲しい記事です。

だって、取り返しのつかない事になってから、「知らなかった」では済まないよ。

「問題点は分かったけれど、何が出来るの?」って方、政治家の皆さんにメールやFAXで訴えてはどうでしょう?

その際の連絡先は、村野瀬玲奈の秘書課広報室超緊急!与党による4月12日の国会運営の暴走に歯止めをかける電話、ファクス、メールを!を見ればバッチリですよ^^
posted by ムック at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(2) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

マニュフェストだけでは勝てない(2)

ところで今回の都知事選の結果、よ〜く見てみると、悪い点ばかりじゃなく、良い兆しも見える気がします。

それは、『投票率は54.35パーセントで、前回(44.94パーセント)より10ポイント近く伸びた』にも関わらず、石原氏が獲得したのは『268万票弱』。
『308万票を獲得した前回に比べ支持を落とした』という点。

参考:石原圧勝で3選〜東京都知事選
※4/11現在、この記事にアクセスできなくなっています。もしかして、もう消えてたりするのかな??

圧勝とは言っても、石原氏の支持率が下がっているのも事実!


ところで、石原圧勝で3選〜東京都知事選には、浅野氏のコメントも載っています。

そこに、『具体的な争点は、決定要因ではなかった。マニフェストの中身を比べて議論するというところに行かなかったことは残念に思う』と書いてあって、ちょっとデジャブでした。。。

たしか2005年の衆院選後の民主党も、同じようなことを言っていた(言われていた?)ような気がします。

マニュフェスト。ないよりは、あった方がいいと思います。

ちゃんと政策を見て選ぶ人もいるし。。。


でも、周りを見てみると、マニュフェストを見ない(あるいは政策に興味がない)人も、結構いるみたいだ。

だから、マニュフェストだけじゃ、勝てない気がします。

少なくとも、今の東京は、そうだと思う。

周りを見ても、TVを見ても、石原氏に投票した方の中は、石原氏の政策を支持いない方もいらっしゃる様子。

今の東京では、マニュフェストよりも、個人のキャラクターが重視されるみたいだ。


東京には東京の、地方には地方の。
それぞれの選挙が繰り広げられ、色んな状況で、色んな結果が出たと思います。

一番大切なのは、「今回の結果を、次にどう活かすか?」だと思います。

『同じことを繰り返していながら、違う成果を望むことを、狂気という。』

今日を楽しむための100の言葉今日を楽しむための100の言葉
伊藤 守 (1993/11)
ディスカヴァー・トゥエンティワン
より


最後に、有権者の皆さんへ。。。

皆さんの1票を、どうか大事に使ってください。
posted by ムック at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マニュフェストだけでは勝てない(1)

昨日のあまりにも早く決着のついた都知事選の結果には拍子抜けしてしまいました。。。

今朝起きてからも、石原氏が支持された理由が分からず、この結果をどう受け止めていいのか、頭の中は混乱したままでした。。。


だってさ、東京オリンピック誘致を支持する人は少なかった訳だし。

私には、石原氏に個人的な魅力がまったく見出せないし。

石原氏の過去の発言には、
「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格している・・・」
「日本人が南京で大虐殺を行ったといわれるが、事実ではない。中国人が作り上げたお話であり、うそだ」
「女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です」「きんさん、ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害」
といったモノがあります。

こんな偏見に満ちた考えを、平気で口に出してしまうような人。

そんな人に都政を任せようという人がこんなに多いということが、上手く理解できなかった。。。


そんな混乱した気持ちのまま、会社の同僚と昼ごはんを食べに行きました。

「昨日、都知事選だったね〜。」と言ったら、
「そうですね。予想どおりの結果でした。」という答えが返ってきた。

それを聞いて、「あ、この人は石原氏が当然再選すると思っていたんだ。石原氏を支持しているのかな?」と思ったあたしは、彼女の話を聞いてみた。


彼女は東京都在住ではないので、都知事選の投票権は持っていないものの、漠然と石原氏を支持している様子。

支持する理由が知りたかったので聞いてみたら、「一番まとめられそうだから。」とのこと。

特に石原氏の主張に共感するとか、東京オリンピック誘致を支持するとか、そういう訳ではない様子。

ちゃんと聞かなかったのでハッキリしないけれど、石原氏が今回の都知事選において、どのような主張をしていたのかも、あまり知らないのかもしれない。

「情報収集してないし、あまり知らない。」って本人も言っていたし。。。

石原氏が「南京大虐殺は嘘」とか発言してるのは知ってるか聞いてみたら、知らなかった。

「フランス語は数を勘定できない言葉」という発言については知っていたみたいだけれど。。。

彼女は、控えめで気配りができる女性なのに、何故その彼女が、そんな発言をする人を、漠然とではあるものの支持しているのか?

私には、やっぱりよく分からない。。。


でもまぁ、彼女と話をすることで、こんな風に、あいまいな理由で石原氏を支持している人もいるんだな、というコトが分かりました。。。


ちなみに、彼女に、タミフルに関する国の対応をどう思うか聞いてみたら、「本当にタミフルのせいか分からないし。」と、国と同じ答えでした!

ビックリした〜。

こんな風に、国の主張を素直に受け入れる方もいらっしゃるんですね(T_T)

で、やっぱり不思議なのは、

じゃあ彼女は、今のままタミフルを使用することで、更なる死者が出る可能性について考えないのだろうか?

多少の犠牲者は仕方がないということなのだろうか??

という事。

普段の彼女の言動からは、彼女がそんな風に人を切り捨てる考え方をする人には思えなくって、、、ヤッパリ謎。

時間切れで聞けなかったケド、出来れば彼女の考えを聞いてみたい。。。

でも、一緒に仕事をするという関係上、こういった話を彼女がしたくないと思っているのであれば、余り深入りしない方がいいかな、とも思って、、、まだ聞けてない。

彼女との関係を見ながら、そのうち聞いてみたいなと思ってます!


<4/11追記:石原慎太郎東京都知事「ババァ発言」事件補足>

「これは僕がいってるんじゃなくて、松井孝典がいってるんだけど、“文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァ”なんだそうだ。“女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です”って。男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害だって…。なるほどとは思うけど、政治家としてはいえないわね(笑い)。」

また、この石原氏の発言については、松井孝典さんの項にも記述があります。

松井は「石原氏の発言を見ると、私の言っていることとまったく逆のことだからね。私はこういう言い方はどこでもしたことはないし、おばあさん仮説という理論を私はいろんなところで話しているから、それを見てもらえば分かるでしょう。」(月刊『自然と人間』2003年2月号)と述べている。実際、松井の理論は、ヒトの女性が生物としては例外的に生殖可能年齢を超えて生存することで「おばあさん」が集団の記憶装置としての役割を果たし、そのことで文明の誕生が可能になった、さらに結果としてヒトの文明が地球環境を蝕む結果をももたらしているというものである。確かに「おばあさん」の存在が地球環境を蝕んだことを論じてはいるが、それは人類文明の発展は「おばあさん」によって可能になり、その文明が地球環境を蝕んでいるという逆説的現実を表現したものに過ぎない。また、この発言に対して損害賠償を求めた裁判の判決の中でも東京裁判所は、発言が松井の説ではなく石原個人の見解であると認めたが、判決後もなお石原は松井の説を紹介しただけと主張しているがその論拠は不明である。
posted by ムック at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

明日は都知事選!

Wikipediaに掲載されている各候補者のリンク集を作ってみました。

山口節生

吉田万三

外山恒一

石原慎太郎

浅野史郎

黒川紀章

中松義郎(ドクター・中松)

高橋みつる

佐々木崇徳

桜金造

内川久美子

鞠子公一郎

※届け出順
※現時点でWikipediaに登録されている候補者のみ
posted by ムック at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 選挙・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする